松例祭前日

松例祭前日(12/30)の主な行事

松例祭の前日12/30は、ツツガ虫(悪鬼)に見立てた大松明づくりが行われます。

12/30

  • 8:30

    【大松明まるき】

    松聖が百日行をしている斎館に、 松打・ 八町若者頭・綱延・綱付・各町若者衆数名が集合し、 松聖と小聖による神事の後、部材は松聖ご祈願所である補屋(しつらえや)や羽黒山頂庭上に運ばれ、 「大松明まるき(大松明づくり)」が行われる。

  • 綱引き渡し

    綱引き渡し

    斎館にて小聖が若者衆を払う

    綱引き渡し

    八町の若者衆に部材引き渡し

    綱引き渡し

    若者衆が部材を斎館から山頂の庭上と補屋に運び出す。

  • 節づくり

    補屋

    部材が運ばれる補屋は祭当日に松聖や若者衆が籠る場所。屋内は中央で仕切られ、 向かって左側が先途方、右側が位上方の祈祷場となる。

    節づくり

    補屋に運び込まれた部材

    節づくり

    若者頭が補屋の前で大松明の節を作る

  • 胴体づくり

    胴体づくり

    鳥居前の大松明小屋に運ばれた部材

    胴体づくり

    若者衆が大松明小屋前の庭上で大松明の胴体をつくる

  • 火の打ち替え祭具調整

    一方、斎館では、松打が火の打ち替えに用いる 班笠火打金を整える。

    祭具調整

    松聖が巡拝中に、松聖が籠る部屋で自分用の斎具を調整する松打たち。写真にある緑色の道具が頭に冠る班笠。

  • 16:00頃

    【松の札(れい)】

    大松明が完成すると、綱の奉納者が記された聖札が立てられ、 大松明の上に33個のにぎり飯と昆布、御神酒の入った手桶がのせられる。

    松の札
    松の札
    松の札
    松の札

    小聖と松打を伴った松聖が大松明を呪縛する加持を終えるとすぐ、松打が庭上の大弊に向かって走り 出し、手に持った扇子を大弊に掲げる。その早さが位上方と先途方で競われる。

  • 16:00

    【榊供養】

    松の札が終わると、大松明に上げられた33個のにぎり飯と昆布、御神酒が関係者に振る舞われる。 かつては大松明の上から投げ合い、かけ合いをした。

    榊供養

ページの先頭に戻る

祭前日