祭にむけて

松例祭前日までの主な行事

手向集落の氏子の祭りとして、八つの町を上町と下町に半分ずつ分けて行われてきた松例祭の準備は、毎年6月中旬に始まります。

  • 8月中旬

    松聖予定者決定

    100日間にわたって冬の峰修行を行う「松聖」希望者2名が氏子会に申し出て、承認されると神社に推挙され決定する。

  • 9/24

    【弊立祭】

    松聖・小聖既修松聖・氏子会役員・ 祝部会役者当番町若者頭カド持ち・ 神社職員が参列し、松例祭始まりの儀式を行う。

    《梵天供養》
    斎館の門前に大幣が立てられる。前年度の松聖はこの日が最後のお勤め。
    《任命式》
    宮司によってその年の松聖、 「位上」と 「先途」が任命される。
    《降神祭》
    神職により神が降ろされる。
    《饗 応》
    松聖と小聖が三々九度の盃を交わし、当番町の若者頭とカド持ちが高砂を謡う。
    《行入り》
    松聖はこれより百日行に入る。参籠場所は、前半50日が自宅、後半50日が斎館。
    饗応

    三三九度の盃を交わす松聖と小聖

    行入り

    冬の峰前半は自宅に神壇を設け、興屋聖を飾り、朝夕沐浴斎戒し祝詞をあげる。

  • 9/25

    松聖の巡拝

    松聖と小聖が、羽黒山頂の蜂子神社、御本社、御手洗池、末社、御陵墓を巡拝する。

  • 10月中旬

    八町(やちょう)会議

    氏子会会長・八町の若者頭・神社役員・神社職員が社務所に集い、申し送り事項や新旧交代等の報告をする。その後、八町の若者頭8名は大松明作りの講習会と「付き合い」の日程を決める。

    八町会議

    上町・下町の当番町頭4名が前に出て、謡を納める。

  • 10月下旬

    綱調製員 安全祈願祭

    神職が、綱調製員の作業場に出向き、安全を祈願する。

    綱調製員

    安全祈願祭後、調製員が大松明に使用される各種の綱を作る。

  • 11月初旬

    付き合い

    手向集落の若者衆が上町下町ごとに集まり、大松明作りの講習を行なう。

    下町付き合い

    下町は4町が合同で大松明づくりの練習を行っている。

    上町付き合い

    上町・桜小路の大松明づくり練習の様子。

  • 11/13

    松聖登山

    松聖の百日行、前半終了。参籠場所を自宅から山頂の斎館に移す。

    松聖登山

    羽黒山 昇山

    松聖あいさつ

    50日間お世話になる斎館の職員へあいさつ

  • 11月中旬

    検討会

    手向地区の神社総代・氏子会会長・八町若者頭・神社職員が集い、松例祭が滞りなく執行できるように検討する。

  • 11月中旬

    四方拝

    松聖と小聖は羽黒山の四方の社を廻り拝する。
    11/15_手向地区の各神社   11/16_玉川地区の玉川寺
    11/17_町屋地区の六所神社  11/18_添川地区の両所神社

  • 11月中旬~

    【松の勧進】

    松例祭にかかる費用を得るため、羽黒山伏たちが庄内一円を勧請して廻る。
    11/15_手向地区   11/16~21日頃_増川郷
    12/1~10日_旧鶴岡市内  11/15~12/30_庄内一円

    松の勧進

    明治以降、鶴岡勧進の間、市内山王町の日枝神社が松聖の祈祷所となる。

    松の勧進

    鶴岡市内の最初の参拝場所は、旧庄内藩主・酒井家の自宅。

  • 12月中旬

    綱奉納報告祭

    綱奉納者・綱調製員・松聖・小聖・神社職員が斎館に集い、大松明に用いる引き綱や縄の奉納を神に報告する。

    報告祭

    納められた引き綱

    報告祭

    奉納された背綱や節綱などもお祓いする

  • 12月後半

    【網漉き行事】12月最終もしくは前の週の日曜日

    各町若者頭16名が斎館に集合し、 上町下町に 分かれて大松明の顔にあたる網と、胴体を包む簀(す)を作る。

    行事前の神事

    作業を開始する前の神事

    網漉き行事

    作業は1室を二つに分けて行う

ページの先頭に戻る

祭にむけて